ウィークリーページに「来週の予定」を書いておけば、心の準備ができる。

スポンサーリンク


昨日の記事で紹介したバレットジャーナルのレイアウトを参考にして、今週のウィークリーページを作りました。「July(7月)」のタイトルを真似して、筆之助で書いてみました。この筆ペン、本当に書きやすくてオススメです(筆ペンについては、こちらでも紹介しています)。

右端に、来週の予定を書くスペースを作りました。来週どんなイベントがあるかが目に入るようにしておくと、心の準備ができます。

先週のウィークリーには来週の予定を書くスペースを作らなかったので...会社で「来週○○だよね?!」と言われ、「えっ?!来週だっけ?!もっと先だと思ってた〜!」と慌てちゃって(^^;

2週間後のことならまだ遠いから大丈夫(週末を2回も挟むし)。でも来週のことって、今週から準備しないと間に合わないことが多々あるので危険。

私は毎朝バレットジャーナルのこのウィークリーページを開いて、今日&今週の予定を確認するのが日課。なので、ここに来週に迫っているイベントを確認して心の準備をすることにしました。

※マンスリーページにも来週の予定は書いてあるけれど、来週に迫り来る感覚が薄くてダメだった。

日付部分の色は、水彩色鉛筆で塗りました。青・紫・水色でグラデーションをつけました。この色合いのグラデーションが大好きです!

次の記事:絵本の読み聞かせ記録表を作ろう!子供と将来「こんな本を読んでたんだね」と振り返れるように。

前の記事:【第2弾】シンプル&お洒落&ミニマリストのバレットジャーナルレイアウト集

スポンサーリンク







関連キーワード
  • バレットジャーナル完全ガイド 〜作り方や用語の説明とオススメ文房具の紹介〜
  • 2月のカバーページと、生成色の紙にオススメの修正ペンの紹介。
  • 先週のウィークリーは...「天気/予定/持ち物/日記/習慣/勉強」を記録するレイアウトにしました。
  • 私のお気に入りのクリップ。可愛くてオシャレでオススメです!
  • 次のバレットジャーナルも...ロイヒトトゥルム1917の黒にしました!
  • ウィークリーページに「来週の予定」を書いておけば、心の準備ができる。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
バレットジャーナル・ページアイデア集!
参考になる素敵なデザイン
今朝の朝活時間に9月のページを作って、その過程の動画も撮影してたんだけど...なんと途中でペンのインクが切れてしまい、別のペンで書き始めたら...