バレットジャーナルを使ってみよう!〜使い方解説〜

スポンサーリンク


前回の記事「基本のバレットジャーナルの作り方」で作ったバレットジャーナルを早速使ってみましょう!

先ほど作ったページに、説明のための仮のスケジュールを書いてデモンストレーションしてみます。(デモ用なのであとで消せるように鉛筆で書きますが、みなさんはペンでも鉛筆でもなんでもOKです)

STEP1:フューチャーログに今後の予定を書き込む。

6月のすでに決まっている予定は、「3日:自分の誕生日、15日:授業参観、25日:コンサートへ行く」だとします。それをフューチャーログの該当月のスペースに書き込みます。また、7月以降で決まっている予定があれば書いておきましょう。
追記:あっ!「わたしの誕生日」が4日になってる!間違えました!(T0T) ”3 わたしの誕生日"が正解です(T0T)

STEP2:マンスリーページに今月の予定を書き込む。

フューチャーログを見て、今月の予定をマンスリーページに書き写します。3つの予定を該当日に書き込みました。

STEP3:ウィークリーページに予定を書き込む。

まず最初は、マンスリーページを見て、予定を該当日に書き写します。その後、その日にやるべきタスクを箇条書きします。タスクは、KEYで決めた「・」で表します。この作業は、前日の寝る前もしくは当日の朝に行うと良いでしょう。

STEP4:1日の終わりに、タスクを見直す。

寝る前に今日1日を振り返ります。バースデーケーキを買ったなら、"タスク完了"を表すKEY「×」をつけます。歯医者の予約を今日することができなくて、明日以降(でも今月以内)にまわすのなら、"今月以内の別日に移動"を表すKEY「>」をつけます。模様替えは時間がかかりそうなので、今月やるのはやめて来月にまわすことにしましょうか。その場合は、この「模様替えをする」というタスクをフューチャーログの7月欄に移動させることとし、"来月以降の別日に移動"を表すKEY「<」をつけます。(この記号の使い方はあくまで私の場合です。自分にとって一番使いやすいやり方を色々試してみてください)

STEP5:今日できなかったタスクを移動させる。

3日(金)にできなかった「歯医者を予約する」というタスクを、翌日4日(土)にやることにするのなら...4日の欄に新たに書き込みます。

もしくは、明日も忙しくて歯医者に予約の電話を入れることができなさそうなので、来週の土曜日にやることにするのなら...マンスリーページの10日(土)に書き込んでおきます。

STEP6:来月以降にまわすタスクを移動させる。

模様替えは来月にまわすことにしたんですよね。

フューチャーログのページを開いて、翌月である7月欄に書いておきましょう。詳しい日付はまだ決めてないのなら、空白にしておきます。7月の何日に模様替えするか決めた際に、日付を書き足せばOKです。

 

STEP6:その後は...

週末になったら、翌週のウィークリーページを作成します。月末になったら、翌月のマンスリーページを作成し、ウィークリーページを作成し...この繰り返しです!

 

次の記事:真似したい♡素敵なバレットジャーナルの紹介
前の記事:基本のバレットジャーナルの作り方

スポンサーリンク







  • 【バレットジャーナル継続のコツ】多忙な時は、時間をかけずに簡単に作ろう!
  • バレットジャーナル完全ガイド 〜作り方や用語の説明とオススメ文房具の紹介〜
  • 手帳を手作りすれば、どんどん自分の使いやすい形に改善していける!マンスリーの紹介。
  • マンスリーの表紙となる「カバーページ」を作って、その月の訪れを歓迎しよう!
  • 【バレットジャーナル】フューチャーログの作り方&使い方。未来を計画しよう。
  • 【メイキング動画】バレットジャーナルの始め方(セットアップ方法)

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
バレットジャーナルとは?
バレットジャーナル基本解説
2018/2/19追記:新しくバレットジャーナル解説記事を書きました!基本的な作り方や用語の説明、オススメの文房具を紹介しています。是非チェ...